節約 サイトマップ

お風呂場・ランドリーの節約

浴室
入る時間を考える
基本は家族全員、そろって入る!です。
大家族の家庭は無理がありますが、家庭円満にも良いと思いますよ。
我が家は、一緒に暮らし始めてからずっと一緒に入ります。
お風呂が沸いてから入るのではなく、沸く時間をあらかじめ計っておき、例えば30分で沸くのであれば、 お風呂をつけ始めてから15分後に入るようにし、身体を洗う時間分も、お風呂が冷めるのを防ぎます。

一緒には入れない!
大人数の家族は無理があるかもしれませんので、もし一緒には入れない、というご家庭はせめて入る時間に間をあけないようにしましょう。
少しでもお湯を冷まさずに、入ればその分、沸かさなくて済みます。

フタを利用する
入らないときにフタを使うのは当たり前だと思いますが、我が家は入りながらでもふたを閉めます。
全部閉めると、もちろん入っていられないので、顔だけ出るようにしてフタをしています。
そうすれば、これまたお湯が冷めるのを少し防げます。

掃除はこまめに
追い炊き機能付のお風呂の場合、掃除をこまめにしていると、沸きあがりの時間に差が出るそうです。
お湯が汚れるのにも関係してきますし、1週間に1度の割合で、沸かす穴の部分を洗いましょう。
カバーなどが付いていることが多いと思いますが、はずして洗いましょう。

シャワーの水
10分間シャワーの水を出しっぱなしにしていると大体38円水道代がかかります。
水の勢いが良かった場合などは、さらにかかります。
一人1分間だけでも短くすれば、それだけでも大きな節約に繋がります。

節水シャワーヘッド助太刀
シャワーの水量を50%カットしても勢いが強くなりマッサージ効果が!!
ガス代などの燃料代節約にもなります。
一般住宅、ホテル、病院、フィットネスクラブで節水効果が認められる!!

newバスパ
1回の電気代、わずか約2.5円 1ヶ月でも、約75円!! 電子レンジで加熱し、浴槽に入れることにより、 なんと、4〜6時間程度の入浴可能温度を保ちます! これによって、給湯や追い炊きによるガス代、灯油代、電気代、 更に水道料金も節約できます。
我が家も利用中です。主人の残業の日は、これを活用しています。

入浴剤は手作り
入浴剤が入っているお風呂は、保温効果も高まりますし、ちょっとくらいのお風呂の汚れはごまかせます。
しかし、その入浴剤を購入していたのでは、節約とは言えません。
自分で作りましょう。
〜みかんの皮〜
冬場、みかんが出まわっているときは、食べ終えたみかんの皮(オレンジ色の方です)を天日に干し、 よく乾かした後、ガーゼなどの袋にいれ、そのまま浴槽に。香りも良いですし、すべすべしますよ。

〜お茶がら〜
飲み終えたあとのお茶がらもただのゴミになりますが、捨てる前に、入浴剤として活躍してもらいましょう。
これも同じく、ガーゼなどの袋に入れ、お茶がらが出てこないように気を付け、そのまま浴槽へ。

ランドリー
基本はお風呂の残り湯
洗濯に使う水はお風呂の残り湯を使いましょう。
出来れば、入ったあとのまだ温かいうちにお湯を使うのが理想的です。汚れが落ちやすいためです。

洗濯の回数
我が家は、お風呂を入れかえるときに洗濯をします。
なので、天気は、基本的に関係ありません。靴下・下着類は、ある程度ストックがあるので、一週間に一回しか洗濯しません。
シャツ類と、タオルは一緒に洗いますが、洗濯機がもともと大きくなく、がさばるため、3日が限度です。
部類別に分けて洗濯したほうがおとくな気がします。

洗えるものは自分で洗う
靴下や、汚れたもので、つけおきが必要なものなども、残り湯で下洗いすればつけおきする手間も必要なくなります。

ランドリークリーンリング
リングの中には、電気分解された分子の細かい水(組織水)が入っています。
洗濯機を回転させることによって洗濯水とリング内の組織水が共鳴し、組織水が持つ波動 エネルギー を洗濯水に伝え、洗濯水までが分子の細かい水に変化し、洗浄効果を高 めていくため、洗剤不用で洗濯が出来ます。

さらにあまったお湯は残さず使う
洗濯にも使い、さらにあまっている場合は、そのまま流すのはもったいないので、トイレ掃除に使いましょう。
バケツに溜めて、拭き掃除にも使えますし、無駄を無くして節約しましょう。





★月額105円〜/容量最大30GB/機能満載! ロリポップ!レンタルサーバー ★